比較ポイントの順位づけ

求人先の希望条件を考えたとき、複数の内容をピックアップした人がほとんどでしょう。今後携わり続けていく職場を探すわけですから、きっと誰もがこだわるに違いありません。ですが、複数ある以上やはり優先順位というものが出てくるでしょう。そこで、この順位付けをおこなってください。

希望条件をキーワード化して検索すると、検索サイト上では多くの案件がヒットすることでしょう。そしてそれらを比較する中で、優先ポイントの高い順に見ていくのです。例えば、A社であれば給料は好条件であるもののアクセスがしにくい、逆にB社は給料が平均的であるものの駅からかなり近いといった場合、どちらの求人が魅力的か悩まされることでしょう。ですが、このとき給料とアクセスのしやすさという二つの条件に優先順位がついていれば、A社とB社どちらがより自分にとって魅力的かが判断しやすくなります。

もちろん、かならずしもこの条件にとらわれる必要はありません。実際に求人案件を見たとき、なんとなくこっちの方が良さそう、自分に合いそうといったフィーリングの部分が働く可能性も出てきます。求人サイトで確認できる職場は、結局イメージしかないので、こういった感覚もとても大切です。最初に取り上げた譲れない条件、そして順位づけについては、比較のための軸として使用してください。軸さえしっかりしていれば、フィーリングによる求人比較もしやすくなるでしょう。